KTSニュース

【動画】山形屋で「みんなのサザエさん展」始まる

2014年08月22日

【動画ニュース】
※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。


 人気アニメ「サザエさん」の世界を身近に感じられる「みんなのサザエさん展」が、22日から鹿児島市の山形屋で始まりました。


 「みんなのサザエさん展」は、放送45周年を記念して、全国を巡回しているイベントです。
 会場では、サザエさんら磯野一家が住む、「あさひが丘商店街」が再現されていたり、15分の1サイズの「磯野家」のジオラマ模型などが展示されています。
 また、「花沢不動産」のコーナーでは、1軒100円で自分でデザインした、ミニチュアの家を建てることができ、売り上げは全て、東日本大震災の復興支援に充てられます。


 「みんなのサザエさん展」、入場料は一般と大学生が700円小・中・高校生が400円で来月2日まで、山形屋の2号館で開催されていてます。

【動画】錦江湾でサンゴの産卵を初確認

2014年08月21日

【動画ニュース】
※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。


 錦江湾で初めて、サンゴの産卵が確認されました。

 夜の海に漂うのは、サンゴが放出した、およそ1ミリの精子と未受精卵が入ったカプセルです。これは、かごしま水族館が先月30日から16日間に渡り、錦江湾の鴨池港内で撮影したもので、4種類のサンゴの産卵の様子を捉えています。錦江湾でサンゴの産卵が確認されたのは、今回が初めてで、かごしま水族館は、「錦江湾内でサンゴが再生産されている可能性が高いことがわかった」としています。かごしま水族館では、サンゴについてのシンポジウムを23日に開催します。

【動画】イセエビ漁解禁

2014年08月21日

【動画ニュース】
※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。


 阿久根市でイセエビ漁が解禁になり、初水揚げされました。

 イセエビは毎年5月1日から8月20日までが産卵期にあたり、乱獲を防ぐ目的で全面禁漁となっています。漁が解禁になった21日、北さつま漁協阿久根港には、阿久根大島近海で捕れたイセエビが水揚げされました。この日の阿久根地方は波が高かったため、漁初日の漁獲量は去年の300キロに対し、およそ60キロと少なくなっています。初セリではご祝儀相場に加え、漁獲量が少なかったことから、去年はキロ当り4000円程度だったのに対し、4500円から5500円の高値で取引されたというこです。イセエビはこれから秋に掛けて一段と味が良くなることから、阿久根市の飲食店では来月1日から10月末まで「イセエビ祭り」が開かれるということです。

【動画】子どもたちの水産教室

2014年08月20日

【動画ニュース】
※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。

 
 阿久根市で中学生が市場の見学や魚釣りをして地元の漁業について学びました。

 この水産教室は、阿久根市の漁業の後継者を育成しようと市の漁業後継者対策協議会が48年前から開催しています。20日は3つの中学校から24人が参加して、阿久根新港でイワシやアジ、サバの水揚げ場や市場の見学を行いました。
 また、地元の漁船6隻に乗りアジやサバの漁場となっている黒の瀬戸海峡や阿久根大島の近くで船釣りを体験しました。
中学生が釣り糸を垂らすと型は小さ目なものの魚が次々にかかります。中にはアジとイサキをいっしょに釣り上げた生徒もいました。
 また生徒たちは漁協青年部の指導者から船を係留する時のロープの結び方を教わるなど、残り少なくなった夏休みを楽しんでいました。

全国消防救助大会へ猛特訓

2014年08月20日

 出水市消防本部の隊員が今月末に開催される救助技術を競う全国大会を前に猛練習に励んでいます。

 県代表として出場するのは、出水市消防本部の古田隼人さん、本蔵隆文さん、宮下朗さんです。3人が出場する「ほふく救出の部」は1人で長さ8メートルの筒の中を捜索し、残された人を安全な場所まで搬送するタイムを競うもので、煙が充満してから救出訓練が始まります。
 3人は、重さ10キロ余りの酸素ボンベを担ぎ毎日3~4時間、訓練に汗を流しています。全国大会は今月27日千葉県の千葉市で開かれます。

天気予報

天気情報 桜島上空
http://www.videopost.jp/up/kts
本サイトに掲載されている写真・画像・文章等について、無断で複写・複製・転載・加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象となる場合があります。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 65人