KTSスーパーニュース:紹介写真

全国ニュースヘッドライン

KTSニュース

KTSニュースヘッドライン

小学生がウナギ捕りを体験

2014年09月13日

出水市で小学生がウナギ捕りを体験しました。

「高尾野川をきれいにする会」が開催した体験学習には、高尾野小や野田小の児童と保護者
およそ100人が参加しました。
参加者はウナギの捕れる量が減っている事を学んだあと、川に仕掛けた籠を引き上げました。
そしてウナギをさばいて、炭火で焼き蒲焼丼を作りました。
高尾野川では10年前に比べてウナギの漁獲量が半分以下に減っているということで、参加者は稚魚の放流も行いました。

鹿児島市 ひき逃げされ男性死亡

2014年09月13日

13日未明、鹿児島市の国道で男性が倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認されました。
警察はひき逃げ事件として捜査しています。

警察によりますと13日、午前0時50分ごろ鹿児島市小山田町の国道328号線で、「人が倒れている」と車で通りがかった女性から110番通報がありました。
倒れていたのは鹿児島市犬迫町の解体作業員福村正己さんで病院に搬送されましたが、全身を強く打っていておよそ1時間20分後に死亡が確認されました。
現場は片側一車線の緩やかなカーブで警察は現場の状況などからひき逃げ事件として逃げた車両の行方を追っています。

川内原発の再稼働阻止仮処分申請 2回目の審尋

2014年09月12日

薩摩川内市の住民らが川内原発の再稼働の阻止を求めている仮処分申請で、双方が意見を述べ合う2回目の審尋が鹿児島地裁で開かれました。

仮処分の申し立てを行っているのは薩摩川内市の住民など23人です。12日の2回目の審尋は、説明のために九州電力の社員なども出席しておよそ4時間に渡って非公開で行われました。

川内原発の再稼働を巡っては10日に原子力規制委員会が事実上の合格証となる審査書を決定しましたが、住民らは裁判所の仮処分命令で再稼働にストップをかけたい考えで12日は「川内原発の耐震設計は過小な想定に基づくもので安全性が確保されていない」ことや「避難計画の具体的な計画が策定されていない」ことなどを主張したということです。

一方、九電は福井地裁が大飯原発の運転差し止めを認めた判決について「重大事故が発生する具体的な危険性について明らかになっていない」などと、反論したということです。

3回目の審尋は、来月行われる予定で、原告側は火砕流の原発への影響などについて説明する予定だということです。

【動画】川内産廃処分場 来年1月開業へ

2014年09月12日

【動画ニュース】
※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。


薩摩川内市に建設が進められている産業廃棄物の管理型最終処分場が、年内に完成し来年1月に開業する見通しであることが12日の県議会で明らかになりました。

薩摩川内市川永野地区の管理型の産廃処分場は当初、今年9月に完成する予定でしたが、専門的業種の人材確保ができなかったことなどから工事が遅れていました。

県によりますと、工期を3カ月間延長して、完成は年内、来年1月の開業を目指すということです。今回の工期延長による建設費の増額はなく、総事業費は、これまでと変わらず96億円余りとなります。処分場の工事の進ちょく率は、先月末現在で91%となっています。

【動画】原子力防災会議で川内原発避難計画了承

2014年09月12日

<

【動画ニュース】
※動画はパケット定額制を設定の上、ご覧ください。


11日午前、総理官邸で開かれた原子力防災会議で、川内原発で重大事故が発生した場合の住民の避難計画が了承されました。

原子力防災会議では自治体が策定した住民の避難計画や避難の際に必要なバスを確保するための協力体制、国の支援のあり方をまとめた資料を内閣府が提示しました。

原発から半径10キロから30キロ圏内の病院などの施設で、具体的な避難先の施設が決められていないことに住民からは不安の声がありますが、屋内退避後に放射線量の高い地域の施設のみ予め用意された避難先候補の施設の中から避難先を決める県独自の方法もまとめられ、国が容認した形となりました。

政府は川内原発の再稼働に向けて防災面の対策の進展を強調したい狙いがありますが、今後の調整や整備が必要な内容もあり、5キロから30キロ圏内の住民が事故が起きた際にすぐに避難するのではなく、まずは屋内退避という考え方を共有できるのかなど課題も残っています。

天気予報

天気情報 桜島上空
http://www.videopost.jp/up/kts
本サイトに掲載されている写真・画像・文章等について、無断で複写・複製・転載・加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象となる場合があります。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 67人